-ジャパンネット銀行

2009年9月アーカイブ

ネット銀行は、店舗での営業活動をほとんど行わずに、インターネット上でサービスを提供する銀行のことです。「ネットバンク」、「オンラインバンク」などとも呼ばれます。
2000年に誕生した「ジャパンネット銀行」が、日本で初めてのインターネット専業銀行で、後に、イーバンク銀行、ソニー銀行も参入しました。
また、現在は、ネット専業銀行以外の銀行も、従来の店舗サービスと並行して、インターネットバンキング(インターネットを利用した、振込・振替・残高照会などのサービス)に対応しています。
ネット銀行は、人件費や店舗維持費が大幅に節減できるため、その分、金利の上乗せや、振込手数料の減額などの付加サービスが期待されています。

 

 大掃除  おれおれ詐欺  老眼治療

ネット銀行を国内で初めて開業したのは「ジャパンネット銀行」です。その後、イーバンク銀行、ソニー銀行も参入し、現在は、この3行が「ネット専業銀行」と呼ばれています。
ネット銀行の特長は、振込・振替・残高照会などのサービスを、インターネットを介して、24時間、いつでもどこでも手軽に受けられること。
そして、人件費がかからないため、他行と比較して、振込手数料が比較的安いことなどです。
しかし、現在は、ネット専業銀行以外の銀行も、従来の店舗サービスに加えて、インターネットバンキングにも対応しているため、ネット専業銀行は、以前よりもその特色は薄まってきている感があります。
セブンイレブンなどにATMを設置しているセブン銀行や、インターネットでの振込手数料を制限付きで無料としている新生銀行等、従来の枠組みにはまらない形態の銀行が登場しているため、ネット銀行にも、さらなるサービス向上が求められています。

 

 お菓子レシピ  おもてなし料理レシピ

ジャパンネットバンクとは、近年注目されているネットバンクの一つで、正式名称は「ジャパンネット銀行」(略称「JNB」)。
ジャパンネットバンクは日本初のネットバンクで、2000年に銀行や保険会社、電力会社、NTTなどの合同出資によって設立されました。
ジャパンネットバンクは、金融庁によって「新たな形態の銀行」と位置づけられています――つまりジャパンネットバンクはちゃんと「銀行」と認められているんですね。ジャパンネットバンクは日本の銀行法第四条による普通銀行免許を取得しています。
ジャパンネットバンクは「ネットバンク」の名の通り、その業務はインターネットによる決済業務が中心になっています。
今やネットビジネスやオークションなど、ネットを使った取引が激増している時代。当然銀行もネット上で利用できるものがあると便利だというのは言うまでもありません。ジャパンネットバンクは、こうした時代のニーズに応えるものであると言えるでしょう。

 

 メンズエステ  鍋料理のレシピ  ネット証券

ジャパンネットバンクは、ネットバンクの大手。ネットバンクとはいえ、ちゃんとした銀行ですから、預金についても、普通の銀行同様に保障されています。
ジャパンネットバンクに口座を作って利用するためには、以下のような手続きが必要になります(以下、普通預金の場合)。
(1)まずジャパンネットバンクのオフィシャルサイトに行き、「新規口座開設」をクリック。
(2)サイトの指示に従って、口座開設申込書類を手元に用意する(郵送またはプリントアウト)。
(3)(2)の書式に必要事項を記入して、ジャパンネットバンクに郵送する。
(4)「キャッシュカード」および「トークン」が届く(別々に届く)ので、これらが揃ったら「初期設定ガイド」から「ワンタイムパスワード」の利用登録をする。
(5)以上の手続きが終わったら利用開始。

 

 高血圧の食事とレシピ  クリスマスケーキレシピ
カテゴリー
更新履歴
ネット銀行について(2009年9月14日)
ネット銀行(オンラインバンク)とは(2009年9月14日)
ジャパンネットバンクとは(2009年9月14日)
ジャパンネットバンクの利用方法(2009年9月14日)
カテゴリー
更新履歴
ネット銀行について(2009年9月14日)
ネット銀行(オンラインバンク)とは(2009年9月14日)
ジャパンネットバンクとは(2009年9月14日)
ジャパンネットバンクの利用方法(2009年9月14日)